あるく

『丹波亀山城惣構』の説明がき - 2020年9月15日

2020年9月15日、亀岡を訪問。京町どおりをひがしにあるいていくとこで、みぎに『丹波亀山城惣構』の説明がきを発見。 丹波亀山城惣構(そうがまえ)(京町天満神社) 亀岡市指定文化財 - 2012年11月22日指定 丹波亀山城は、天守などがおかれた本丸や西の丸、…

柳町どおりの高砂山だしぐら - 2020年9月15日

2020年9月15日、亀岡を訪問。柳町どおりをひがしにすすんだとこで、みぎに高砂山だしぐらを発見。説明がきに、つぎのとおりかいてあるのをかくにん。 柳町どおり - 高砂山鉾のまち 明智光秀の亀山城築城(1577年)により、城下町が形成され、ひがしは旅篭町…

形原神社 - 2020年9月15日

2020年9月15日、亀岡を訪問。亀岡市立図書館からみなみにすすんで、これからH商店街にはいっていくってとこで、ひだりにあった形原神社をおまいり。説明がきに、つぎのとおりかいてあるのをかくにん。 形原神社 1748年に丹波篠山から亀山藩へ入封(にゅうほ…

『丹波亀山城あと、大本天恩郷』の説明がき

2020年9月15日、亀岡を訪問。亀岡市立図書館から内丸町商店街をみなみにちょこっとあるいていって、ひがしにはいりこんだとこに丹波亀山城あとへのいりぐちがあって、ほのわきに『丹波亀山城あと、大本天恩郷』の説明がきを発見。 丹波亀山城あと、大本天恩…

石田梅岩のおしえ - 2020年9月15日

2020年9月15日、亀岡えきまえに石田梅岩のおしえをかいたかんばんを発見。 石田梅岩のおしえ 性をしりたしと修行するものはえざるところをくるしみ、これはいかにこれはいかにと、日夜朝暮にくるしむうちに忽然としてひらけたる、そのときのうれしさをたとえ…

両枝書展、涛流会書展、みつば会展 - 2020年9月とおか

2020年9月とおか、岡崎市美術館にいって、両枝書展(りょうししょてん)、涛流会書展(とうりゅうかいしょてん)、みつば会展っていうみっつの展覧会をみてきた。 両枝書展 杉浦燿竹さん『迷悟一如』。 迷悟一如(めいごいちにょ) - 朱雀会(しゅじゃくかい…

明智城址説明がき

明智城は桔梗坂をちょこっとのぼっていったみぎがわに、明智城址説明がきがある。大手門よりてまえ。 明智城址 可児市は、戦国時代の悲運の武将「明智光秀」の生誕の地である。1342年(※ 1345年ってかいてあるのはまちがい)に美濃源氏、土岐下野守頼兼(と…

あめのあさひまちどおり - 2020年7月17日

日の出町交差点からあさひまちどおりをにしにみる。ライトをつけてはしるクルマ。かさをさしてあるくひと。

大友皇子御陵にある大友皇子の詩

大友皇子御陵のいしぶみのみぎに大友皇子の詩2首をかいたいしぶみがある。 淡海朝大友皇子乃詩・二首 宴に侍す(うたげにじす) 皇明日月と光らひ(こうみょうひつきとてらひ) 帝徳天地と載せたまふ(ていとくあめつちとのせたまふ) 三才並泰昌(さんさい…

『大友皇子御陵』のいしぶみ

おもてめん 大友皇子御陵 うらめん 1908年10月1日村社へ合祀 〔2020年8月むいか訪問〕

大友天神社の由緒がき

おもてめん 大友天神社 御祭神:弘文天皇(大友皇子) 鎮座地:愛知県岡崎市西大友町字天神10番地 由緒: 往昔(おうせき)天智天皇の長子大友皇子は壬申の乱にあい、従者長谷部信次らとこの地に流偶し草庵をむすぶ。 皇子は「天性明悟にして雅より博古を愛…

桜本天神 - 古井神社の末社

古井神社本社殿のみぎにある桜本天神。てまえに拝殿。 おくに本殿。拝殿と本殿がべつになっとるのは、よっつある末社のうちこの桜本天神だけ。

大久保氏一族発跡地のいしぶみ

おもてめん 上和田町公民館のしきちの一角にみっつあるいしぶみのまんなかが「大久保氏一族発跡地」のいしぶみ。 うらめん 大久保氏一族発跡地 大久保氏出於宇都宮泰藤泰藤従新田義貞勤王南朝義貞薨后潜至 旧領地上和田邑築城居之既而削髪号蓮常建妙国寺以終…

宇頭のまちをはしるトゥクトゥク - 2020年7月11日

宇頭のまちをトゥクトゥクがはしる。ダイワスーパーのやつだ。 (さんこう) おんなもくうなるいちごソフトクリーム - あきひこのいいたいほうだい|2020/04/29

羽津城あと

近鉄名古屋線阿倉川2連アーチのすぐわきに羽津城あとがあって、説明がきにつぎのようにかいてある。 四日市市指定記念物(史跡)羽津城跡 このあたりは字名を城山という。羽津城があったことにより命名されたのであろう。1711年4月の「羽津村指出帳」による…

近江八幡駅みなみぐちの案内看板 - 2020年7月ついたち

2020年7月ついたち、近江八幡駅みなみぐちに案内看板を発見。バス路線もしっかりはいっとって、これはわかりやすい。

愛汗のいしぶみ

ふるいは、愛染堂みなみの薬師堂のしきちの一角に「愛汗のいしぶみ」があって、つぎのようにかいてある。 おもてめん 愛汗 岩瀬和市君ハ独学修養ニヨリ人格才能ヲ達成シ家業ノ経 営宜シキヲ得テ后顧ノ憂ナカラシメ以テ公共ニ挺身セル ハ嘆美スベシ始メ郷土古…

愛染堂の資料

ふるいの愛染堂の資料としてつぎのようなもんがある。 〔お堂のなかの由緒がき〕〔古井の史跡〕〔あんてな2013年ふゆ号〕〔新編安城市史〕 お堂のなかの由緒がき お堂のとびらをあけるとひだりうえに額があって、ここに由緒がきがある。 由緒 愛染堂はいまよ…

古井神社の表札

古井神社 祭神(さいじん)は、開運のかみ誉田別尊(ほんだのわけのみこと)(応神天皇)、招福のかみ素戔嗚尊(すさのおのみこと)、学問のかみ菅原道真(すがわらのみちざね)のみはしら。あたらしい表札はできたばっかりで、これから拝殿ののきしたにかか…

元城町東照宮やけあとにたてられたほこらの台座

終戦直后たてられたほこらの台座 1945年6月18日のアメリカ軍B29爆撃機100機による浜松大くうしゅうで、元城町東照宮(もとしろちょうとうしょうぐう)社殿および森林全焼するも、終戦当時の元城住民はちいさなほこらをもうけまして、うじがみさまとして奉斎…

引間城本丸あと説明がき

引間城本丸あと 鎌倉時代の浜松は「ひきま(ひくま)」とよばれるまちでした。現在の馬込川(まごめがわ)が天竜川の本流にあたり、西岸に町屋(まちや)が発達しました。「船越」や「早馬(はやうま)」はこのころの地名です。 戦国時代、このまちをみおろ…

岡崎は満性寺にある近藤重三郎くんのいしぶみ

岡崎は菅生川北岸の満性寺(まんしょうじ)境内に近藤重三郎くんのいしぶみがある。近藤重三郎は岡崎電灯の事業に参画して岩津発電所を建設したひとだ。 うらめんにつぎのとおり業績がかいてあるみたいなだけど、漢文のため意味がとれんのがかなしい。 近藤…

ホームから駅舎となりにうつった知立駅弘法山遍照院遥拝所

まえは知立6番のりばのいちばん豊橋よりにあった弘法山遍照院遥拝所。弘法山遍照院ってのはいわゆる弘法さんのことで、えきからずーっとみなみにいったとこにあるだけど、ほこまでいかんでもおまいりできるよってことでおいてあった。ほれがいま、えきの高架…

「ようこそ西尾の商店街え」だけど

西尾の商店街、ベルサヲークにまけとるな~。えきまえ改造で、えきとまちがはなれちゃったかんじがつよいだよな~。「ようこそ西尾の商店街え」っていわれても、にしぐちからみえるのは、幹線道路をいきかうクルマばっかりだしね。えき直結で公園になっとる…

豊田の鷲取神社の社記

豊田の鷲取神社の社記に、つぎのようにかいてある。 社記 愛知県豊田市御立町10町目1番地 本社:正面=鷲取神社 祭神:木入彦命 例祭日:10月16日 相殿:左側(向って右側)=秋葉神社 祭神:迦具土神 御立町鎌取66番地に鎮座ありしも東部区画整理事業に依り…

まっさかさま

まっさかさ~ま~に~♪お~ちてでぃざいぁ~♪ いや、ようこんなまっさかさまなさかつくったもんだ。岡崎市梅園町の、にしにモダン道路におりていくさか。 〔2020年5月19日訪問〕 (さんこう) 随念寺 - あきひこゆめてつどう|2020/05/26 本堂ひだりのでいり…

みどりの三重塔 - 随念寺

随念寺(ずいねんじ)の境内ひだり、斜面にひろがる墓地のなかにそびえるみどりの三重塔。うつくしい。 塔のとこまでいってふりかえると、岡崎のまちがみわたせる。 (さんこう) 随念寺 - あきひこゆめてつどう|2020/05/26

さかど、しま、こもう、まきうち

わがふるいから桜井みちを岡崎のほうにいくと、順番に坂戸、島、小望、牧内っていうバス停があらわれる。ところで、坂戸と島がいっしょになって島坂町(しまさかちょう)になっただけど、小望や牧内がどうなっとるのか。 しらべてわかった。小望に立出と池端…

「公会堂」の門柱

知立市えきまえ駐車場の、自転車おきばのほうのでいりぐちに、「公会堂」の門柱を発見。 いや、こういうのがのこしてあるってうれしいだけど、どうもむかしは市役所がここにあったみたいだ。 〔2020年5月15日訪問〕 (さんこう) 公会堂?…|いわせあきひこ…

酒人神社の拝殿ほか

拝殿 みなみむき、銅板ぶき、ひらいり、流造(ながれづくり)。千木、鰹木あり。千木は先端が垂直にきってあるおとこ千木。拝殿もわたり殿もおおい殿もなく、本殿だけ。本殿てまえにカーポートがふたつ。てまえがたてながで、むこうがよこなが。 みぎ45度か…