古井神社本殿竣功 - あんじょうホームニュースの記事から

古井神社本殿竣功(あんじょうホームニュース - 2020.11.27) 1130-530
古井神社本殿「竣功」
「ワンチームで」稲垣実実行委員長
古井町の古井神社で2020年10月11日、社殿改修事業の「竣功奉告祭・記念式典」がおこなわれ、住民らにひろうされました。
「改修委員会」を2016年5月に設立。改修をことし2020年2月におえ、2020年3月28日に「本遷座祭」などをおこないました。
はんとし以上延期された奉告祭には、うじこや家族づれおよそ700人がタイムカプセル奉納や内覧会におとずれました。
改修委員会の実行委員長、稲垣実町内会長は「苦難の連続でしたが委員一同ワンチームで、みなさまのあつい寄進と期待にこたえれるようとりくんできました」とはれやか。
社殿のほか、土塀や桜本天神社、若宮社・熊野社、社務所、手水舎も修復しました。
本殿は1685年建立。拝殿のまるばしら、唐破風・千鳥破風、彫刻、じもと鬼師のおにがわら・かざりがわらなど、「文化財的価値のたかい豪壮なつくり」です。おにがわらやかざりがわらは高浜の鬼師によって復元されております。
(写真=1923年以来の大改修をおえた社殿)
〔2020年11月27日 - あんじょうホームニュース〕